歯科医師が解説する!介護で口腔ケアが大切な理由とは

  • LINEで送る

口腔ケアとは、具体的にはどのようなことを行うのか、何かしら関連する業界にたずさわっていないとあまりイメージができない方々も多いのでは?

この記事では、介護においてとても大切だと言われている口腔ケアについて現役歯科医師が解説しています。

簡単お仕事探し「マカセル」の詳細はこちら

口腔ケアとは?

口腔ケアとは、自分では思うように歯ブラシを使って歯磨きができない人や、上手くうがいができない人に対して、歯ブラシや専用のブラシやガーゼなどを使って、お口の中をきれいに清掃してあげるケアです。

お口の中の衛生状態を、より良くするために行うケアのことを指します。

介護でなぜ口腔ケアを行う必要があるの?

介護を受ける人によって、その要介護度には大きな違いがあります。要介護度が高くなればなるほど、日常の生活を自力で行うことが難しいのです。

介護の場面では、排泄・入浴・就寝・食事における介助に大きな関心が集まりますが、口腔ケアに関しては、これまであまり注目されてきませんでした。

しかし、適切な口腔ケアを行うことによって、特に要介護高齢者は、肺炎の発症を抑えることができるという研究成果が相次いで発表されました。

高齢者が肺炎になってしまう原因

お口の中にある汚れや食べ物の残りカスが、食べ物の通り道である食道に行かずに、空気の通り道である気管に入ってしまった場合に肺炎が起きてしまいます。

なぜならお口の中にある汚れや食べ物の残りカスには、たくさんの細菌やカビなどが付着しているのです。

それらが原因となって肺の中で炎症を起こすことによって、肺炎を引き起こすのです。

通常、健康な人ならだれでも気管に少しでも食べ物などが入ると、むせが出ます。そして咳をすることによって、間違って入ってしまった食べ物などを気管から出そうと体が自然と反応します。

しかし特に高齢の要介護者は、気管に食べ物などが入っても体の反応が低下していることがあり、むせが出にくく咳によって食べ物などを出そうとする力が弱くなってしまっていることが非常に多いのが特徴です。

介護を必要とする高齢者に肺炎が起きると、体力や体の機能のさらなる低下が生じてしまい、要介護度が悪化することや肺炎が重篤な場合には、生命の危険にさらされることになります。

未然に肺炎の発症を予防することができる口腔ケアの重要性が、次第に注目を浴びるようになってきました。

入念に口腔ケアを行って、お口の中の衛生状態が良くなると、発熱する頻度が低下することを実体験として私も経験しています。

それだけ口腔ケアが全身に与える影響は大きいと感じます。

口腔ケアは誰がやる?

介護を行う人であれば、誰でも口腔ケアを行うことができます。介護を行っているのが家族の場合、その家族の人が行います。

また、施設に入所している要介護の人であれば、その施設の介護士や看護師が行います。

しかし、口腔内の衛生状態が非常に悪い場合や口腔ケアを行うのが難しい人の場合には、歯科医師や歯科衛生士が口腔ケアを行うことがあります。

特になかなか口を開けるのが難しい人・寝たきりの人・重い障害を抱えている人に口腔ケアを行うのは、高い専門性が要求されます。

そのような要介護者への対応は、歯科医師や歯科衛生士に口腔ケアを依頼するほうが良いでしょう。

しかしながら、歯科医師や歯科衛生士に口腔ケアを依頼する頻度は、まだまだ少ないように感じます。これからは、積極的に口の中のプロフェッショナルである歯科医師や歯科衛生士に口腔ケアをどんどんお願いしましょう。

口腔ケアは実際にどのように行っているの?

簡易的な口腔ケアであれば、市販の歯ブラシやガーゼなどを使って、お口の中の汚れや歯に付いた食べ物の残りカスを取り除くことで十分です。

しかし、口の中の奥にある汚れをすべて取り除くことは、なかなか難しいことが多いのです。

そこで、汚れを吸い取る吸引機能が付いた歯ブラシを使用したり、スポンジタイプのブラシを使用することで、効率的にお口の中の汚れを取り除きます。

また、舌にこびりついた汚れもガーゼなどで取り除くことができない場合は、舌専用のブラシで汚れを取り除きます。このように口腔ケアに特化した道具を使って、お口の中を清掃していきます。

また、歯科医師や歯科衛生士が口腔ケアを行う場合には、歯科で使われる専用の機器を使用することによって、普通の歯ブラシやガーゼではまったく取ることができない汚れを取り除くことが可能です。

なかなか思うようにお口の中をきれいに出来ない場合やどうしたら上手く口腔ケアができるか分からない場合は、歯科医師や歯科衛生士に一度相談してみましょう。

口腔ケアを行うメリット

口腔ケアを行うことによって、お口の中が清潔に保たれるということが一番のメリットですが、口腔ケアを行うメリットはそれだけではありません。

お口の中の汚れがなくなり、お口の中が清潔になることによって、精神的な爽快感が得ることができます。

普通の人でも歯磨きをしないでいると、お口の中がネバネバしてきますし、においも気になってきて不快な気持ちになってきますよね。介護を受ける人にとってもまったく同じで、お口の中が清潔になることによって、不快感が和らぐことになるのです。

実際に口腔ケアをした後では、介護を受ける人の表情が明るくなっていることを私も実感しています。

敏感な部分だからこそ正しい口腔ケアを!

口の中というのは、体の他の部位と比べても感覚が鋭い場所でもあります。例えば、食べ物の中に非常に細かい砂や髪の毛が入っていても、食べているうちにその存在にすぐに気がつきます。

さらに歯科医院で金属の冠を被せたり、詰め物をした時に、ほんの少し高さが違うだけで強い違和感を覚えたことを経験された人もいるのではないでしょうか?

人の歯は、100マイクロメートル以下の厚みの違いを感知することができるといわれています。1ミリメートルが、1,000マイクロメートルなので、1ミリメートルの10分の1以下の違いを感知することができるのです。

それくらい歯や口の中の粘膜は、感覚が敏感なのです。

感覚が敏感ということは、それだけ感覚を認知する神経がたくさんあるということ。

お口の中の歯や粘膜を口腔ケアで刺激することによって、脳への刺激をたくさん与えることができるという効果も、口腔ケアのメリットの一つと考えられているのです。

この記事をきっかけに、口腔ケアの大切さを知って頂けたら幸いです。

@マカセルなら興味のある職場を伝えればプロのエージェントが探してくれますよ!心穏やかに働ける職場を探してみませんか?

それにしても便利な時代です。LINEで医療・介護士の仕事を探せる時代になりました!友達登録をするだけで、自分にあった条件の職場をピンポイントで紹介して貰えます。(もちろん無料★)

簡単お仕事探し「マカセル」の詳細はこちら

あなたにぴったり合う求人を専門スタッフが探します!

最後まで読んでいただいて光栄です!この記事を気に入っていただけたら是非シェアして、この業界で頑張る仲間に広めて貰えたら嬉しいです!

いまより良い条件の求人を探すのならコチラ!

LINEで気軽に転職相談!

LINEで転職活動!医療・介護のお仕事探しをプロに相談。求人検索、面接調整、給与交渉もお任せ。転職の役立つ情報・最新のオススメ求人も定期配信致します!

簡単お仕事探し「マカセル」の詳細はこちら

お祝い金をもらって賢く転職しよう

※ご利用は無料!会員登録で、あなたに合った職場からのスカウトメールが届きます!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)