福祉の先進国フィンランドとデンマークの介護制度と日本を比べてみました

  • LINEで送る

私が住んでいるフィンランドでは、高齢化社会に置いて日本とは全く違う考え方、介護について独自のやり方があります。

フィンランドでは、家族がいざ介護が必要になった時、家族がその介護にたずさわることはほぼありません。この記事では福祉の先進国から見た日本の介護分野についての変化などをまとめて見ました。

介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート【しろくま介護ナビ】



介護のことは介護のプロに任せるのがフィンランド

フィンランドでは、介護施設ももちろんのこと、在宅介護の質もとても高レベルで満足できるものです。

今までと同じ生活を、今まで暮らして来た自分の家で過ごしたい。そう思うお年寄りの人たちを支えるのが訪問介護ですよね。

フィンランドでは、国民が満足できる福祉の元、訪問介護もまた高齢化社会で国民を支える一つの文化になりつつあります。

その人、その家庭にあった様々な介護の形のあるフィンランドから見ると、日本はどうしても介護は家族でという囚われがまだあるように思えます。

しかし、日本でも介護についての考え方は少しずつ変わって来ているようです。

日本も、家族での介護からプロに任せる介護に変わりつつあります

「日本では、親の介護は子供がするもの。」

そんな習慣がありましたが、現在の日本では男女ともに外で働く方が当たり前になってきています。

そのため、介護はプロに任せるという考え方も広まっています。

介護されるお年寄り側の考えとしても、今までの生活習慣を変えない在宅ケアを希望される方は多いです。「自分らしい今までの生活を送りたい。」

それを叶えるためには、家族ではまかないきれない部分を地域、医療、介護が連携して埋める必要はあります。

地域と人が結びつくことで成り立つ在宅介護

日本の在宅介護についての考え方やシステムサービスなども、どんどんよりよい方向へと変わっています。

例としては

医療・介護看護

病院、診療所とかかりつけ医などの情報の共有で、健康に関する問題に素早い対応をケアマネージャーが対応するようになったこと。

訪問介護の分野でも、この情報共有は役立っていますよね。

健康管理

相談支援・虐待対応などの設置。

高齢者安心コール(24時間緊急対応窓口)などの発足。

生活支援

町会、商店街などを中心に高齢者の活動クラブなど、人との結びつきを重視。配色サービスなどを通して見守り。

住まい、暮らし

定期的な巡回や随時対応型の訪問介護など、安心して暮らせる状況作りが実施されている。

このような対応、サービスが地域で助け合い結びつき、訪問介護を支えています。

他にも、離島などサービスが受けにくい環境での在宅介護の助けとして

●緊急通報システムの設置=安心して自宅で生活が出来る

●全島民への聞き取りアンケート=正しい現状を知る

などを行うことで、介護が必要でありながらもよりよい生活の提供や何が在宅介護に必要なのかを明確に分析しています。

いずれも地域がお年寄りとの結び手となり、お年寄りの在宅介護の基盤を作り上げています。

日本でもまた、「介護社会をより快適に・在宅介護をより理想的に」という働きが見られるようになってきた証拠です。

よい傾向へと変わりつつある日本ではあります。

それでもまだ日本とフィンランドを比べてみると、介護の社会に置いては大きな差が見えるように感じます。

さらに福祉の理想的モデルといわれるデンマークでは、フィンランドの介護社会と重なる所が多く見られ、また日本の介護事情と近い部分も見られます。

高齢者の在宅介護のお手本とされるデンマークの介護事情とは?

日本と比べ、税金の高いデンマークですが、高負担にもかかわらず満足度が高いのはなぜでしょうか?

国民が支払うお金で生活のほとんどが賄われているから

デンマークの高齢化社会を支えているのが、国民が払っている税金です。

さらにデンマークでは、医療費、入院費などの負担は国が持ってくれます。

デンマークでは、患者は無償で医療を受けることができます。

他にもデンマークでは、国の責任において、すべての国民の生活を平等に保障。

●医療

●介護

●年金

●教育

などが無料です。

デンマークでは、自分たちの払った税金が何に使われているのかはっきりしているので、高負担の税金でも国民は納得できているのではないでしょうか。

日本では、デンマークのようなすべての人が平等に保障を受けられるという制度は有りません。

最低保証は

●母子家庭

●貧困

●障害者

●高齢者など弱者のみが対応になっています。

日本とデンマークの大きな違いは医療システムにも

デンマークでは一般外来が存在しません。

デンマークでは病気、怪我の時、国民1人1人が登録している家庭医(かかりつけ医)に受診します。デンマークでは、基本的に病院での受診待ち時間はほとんどありません。

介護社会で差の出る日本とデンマークの違い

デンマークでは介護施設に移るのは、本人が望んだ時。

生活の継続が難しいときです。たくさんの高齢者の人たちが、介護施設に移るのではなく、自身の暮らしてきた住まいでの生活の継続を希望しています。

デンマークでは、高齢者の意見の尊重をとても大切にしています。

●老いても、1人の人間であることに変わりはない。

●自分自身のことは自分で決める。

●自立を支え、自己の能力の発見と維持を支える。

過剰な介護は、老いを進めてしまうという意見の元、受身にならない、やってもらい過ぎない介護を推進しています。

日本とデンマークの保険制度の違い

日本では、介護保険制度にも利用制限があります。

介護保険制度について日本では、

●このような制度があってよかった。

●このような制度がなければ、今のような介護を受けるのは難しいと思う。

などのポジティブな意見がありますが、他にも

●今の制度を守って維持して欲しい

●制度がよく変わり覚えられない、難しい

●この制度が維持できるのか心配

などの、心配する意見も見られます。

日本の介護保険制度には利用の制限があります。介護度が重いほど、限度額は大きくなります。100%の支払いはなくても、1~3割の自己負担がある日本の介護保険制度。

しかしデンマークでは、介護保険制度は利用制限がなく自己負担なしに利用することができます。つまり、必要なときに必要なだけの援助を受けることができます。

介護に置いて満足度の高いフィンランドに住む日本人として、私は日本の欠点や弱点がよく見える立場にいます。日本は、人が生きてきた先にある老後という時期を、何の心配なしに過ごせる社会にはまだまだほど遠いと私は感じました。

また私のいるフィンランドでは、十分な社会的、福祉的援助や助けを受けることができます。

だからこそフィンランドでは、在宅介護はよく見られます。

フィンランドでは、家族が介護にたずさわらない。

そうすることで、家族の精神的なストレスやプライベートな時間を奪わずにすんでいます。

日本では、介護問題は大きくなる一方、高齢化もどんどん進んでいきます。

この状況で、日本の介護における制度や介護のやり方、あるべき形を変えていくのはとても難しく大変なことです。

それでも、高齢者や、高齢者を家族に持つ人たちの満足度も少しずつ上がってきています。

長い間、結果を出せないまま、隅に投げやられていた日本の高齢者社会の問題。

見えないところで支え続け、改正して来た人たちの努力がやっと評価されつつあります。

しかし、制度を何度見直しても、そこに発生する金銭的な問題は解決にはまだほど遠いようです。

フィンランドやデンマークのように、日本でも介護における金銭的な問題を改善することはできないのでしょうか?

日本でも、今一度税金などを見直し、他国のよい所に目を向けそれを取り入れて行けば、少しは改善されるのではないのかなとも思いませんか?

日本は、すばらしい文化がありますが、日本のやり方や文化だけにとらわれない。

もっと外国からの刺激を介護の世界にも取り入れても良いのでは・・・私は思いますが。

この記事を書いたのは:姫岡 凜(ひめおか りん)

【なでしこ介護士】女性介護職のための転職支援サービス



最後まで読んでいただいて光栄です!この記事を気に入っていただけたら是非シェアして、この業界で頑張る仲間に広めて貰えたら嬉しいです!

看護師応援プロジェクト35万円がもらえる看護師転職サイト『ナースJJ』



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)