高齢者の方でも楽しめる♪工夫がいっぱいのハロウィンレク8選を紹介します

  • LINEで送る

高齢者施設での秋の行事といえば、運動会や紅葉狩り・お月見などが思い浮かぶでしょうか?

(毎年、行事がマンネリ化しているな…)

そう思ったら、今年はハロウィンレクを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ハロウィンは、高齢者の方にはあまり知られていない行事だと思います。

だからこそハロウィンレクを行うことで新たな刺激になるかもしれません。

でも、ハロウィンレクって何をしたら良いの?と、悩んでしまいますよね。

そこで高齢者施設で使える、「ハロウィンレクのアイディア」をまとめてみました。

(介護×医療のストロークでは、実際にそのお仕事についている現場の職員や業界経験のある方に、記事を書いてもらっています。)

※最新の介護と看護の求人はこちらから

あなたにぴったり合う求人を専門スタッフが探します!

【まずはハロウィンの飾りつけをしてみましょう】

メインの飾りに!フラワーアレンジメントがおすすめ

高齢者の方は、ハロウィンと言う行事には馴染みがないと思います。

ハロウィンと言えば、ジャコランタン(ジャック・オー・ランタン、またはジャック・オ・ランタン、ジャッコランタンとも言いますね)やお化けなどのイメージがありますが、利用者様にはわかりにくいかも?

そう感じている方には、ぜひフラワーアレンジメントをお勧めしたいです。

もちろん、ここまで本格的でなくてもOK。

100均のお花を利用しても良いですし、かぼちゃを入れるだけでハロウィン感がUPしますね♪

メインの飾りとして、施設の玄関や目立つ場所に飾ってみて下さい。

お花なので、利用者様の注意を引きやすいのではないでしょうか?

やっぱり1つは飾りたい♪ジャコランタン

ハロウィンといえば、ジャコランタンですが肝心のかぼちゃがない!

そんな時でもジャコランタンが作れちゃう方法をご紹介します。

風船を外す際にドキドキしてしまいそうですね…笑

失敗してしまった時のため、何個か作ってみると良さそうです。

やはり、ジャコランタンが1つあるとハロウィン感が高まりますね♪

【クッキングレクもハロウィン仕様に】

お手軽にできちゃう!かぼちゃのクッキー

ハロウィンと言えば、かぼちゃですよね♪

かぼちゃは、高齢者の方にも秋の旬の味覚をとして馴染みがあると思います。

そんな「かぼちゃ」を使い、かぼちゃ型の可愛いクッキーを作ってみませんか?

材料は、袋に入れて混ぜてしまいましょう。

手も汚れないですし、高齢者の方にも気軽に作っていただけます。

混ぜて、丸めて焼くだけで簡単にハロウィン気分を味わえちゃいます。

ほっくりかぼちゃマフィン★

こちらも、かぼちゃを使ったマフィンです。

潰したかぼちゃと、形を残したかぼちゃをたっぷりと使って作りましょう。

マフィンのカップハロウィンの物にするだけで一気に雰囲気が出てきますね。

かぼちゃなので、高齢者の方も食べやすいのではないでしょうか。

↓新しい職場を自分で探すのなら

※【関連記事】

利用者さまに喜ばれる!高齢者におすすめの簡単クッキングレク5選

【ハロウィンの飾りを作ろう】

とってもお洒落なペーパーリース

こちらは、みなさん1度は作ったことがある?お花紙で作る、お花を応用したリースです。

単純作業の繰り返しで、リースを作ることができます。

コストを抑えたい時は、土台となる木の輪の部分は、紙皿をくり抜いた物で代用しても良さそうですね。

動画では必要なお花の個数が多いので、作るのが大変な場合はサイズを調整してみてください。

こんなお洒落なリースがあると、ハロウィンレクを華やかにしてくれそうですね。手工芸が好きな高齢者にも喜ばれると思います。

懐かしの紙風船がかぼちゃに変身!

こちらは折り紙の紙風船で簡単に作れる、かぼちゃのお化けです。

紙風船を作って遊んだことのある利用者様も多いのではないでしょうか?

「折り方、覚えているよ!」なんて声も聞こえてきそうですね。

利用者様に好きなように、顔も自由に書いてもらいましょう。みんなで書けばそれぞれに個性が出て、面白いですよ♪

折り紙が小さくて、折りにくい・顔が書きにくい…

なんて時は、100均で大きいサイズの折り紙が売っていますので探してみて下さい。

※【関連記事】

楽しく取り組める♪高齢者におすすめの手工芸8選を介護職員が紹介します

【ゲームも一工夫でハロウィンレクに大変身!】

とりあえず飾りつけと仮装をしてみたけれど、ハロウィンって何をしたらいいの?と迷ってしまいますよね…

悩んだら、いつものレクリエーションに一工夫!

少しのアイディアでハロウィンレクが楽しめちゃいます♪

お化けすくいゲーム

こちらは、上肢のリハビリにもなってしまうレクリエーションです。

特に道具を買う必要もなく、身近にあるものでできる点も手軽でお勧めポイントです。

袋におばけの顔を書いておくと、よりハロウィン感が演出できそうですね。

利用者さんに仮装してもらっても盛り上がりそうです。

ハロウィンペタンク

みなさんは、「ペタンク」をご存知ですか?

ペタンクは老若男女誰でも楽しめる競技として、最近注目されてきています。

ルールは、簡単!

自分の持っている玉をどれだけ的の近くに投げられるか。

これだけです!笑

単純なゲームですが、動画のように盛り上がること間違いなし!です。

準備も簡単なので、ハロウィンレク何しよう?

と迷ったら、ぜひ試してみてください♪

【ハロウィンの意味も伝えてみましょう】

ハロウィンを知らない高齢者の方も、その起源を知るとハロウィンへの理解が深まると思います。

ハロウィンはもともと、「秋の収穫を祝うお祭り」が起源となっています。

悪い霊を追い払う意味合いもあるそうです。

そのため、秋の味覚のかぼちゃを用いたり、お化けが出てくるのですね。

日本の伝統的な行事とは、一味違うハロウィン。

高齢者の方には、ハロウィンの雰囲気は新たな刺激となりそうですね♪

職員も利用者様もみんなで、普段はなかなかする機会のない仮装なども楽しんでみて欲しいです。

ご紹介した、ハロウィンレクを参考に施設のレクリエーションに役立てていただけたら嬉しいです。

この記事を書いたのは:翔ママ

※最新の介護と看護の求人はこちらから

あなたにぴったり合う求人を専門スタッフが探します!

※【関連記事】

高齢者でも簡単楽しい!リハビリレクリエーションの5つのすすめ!

心も体も健康に♪高齢者が楽しめるスポーツレクを5つ紹介します!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)