介護職もできるおすすめの副業!3つの副業方法と探し方を紹介します

  • LINEで送る
お給料

介護職の悩みと言えば、お給料の低さ!!

人の役に立ちたいと思い志してはみたものの、実際の給料の金額の低さには、心が折れそうになるときありませんか?

ニュースなどでも取り上げられている「働き方改革」では政府も副業を推進しています。

これからは、Wワークが当たり前の時代になってくるのかもしれません。

とはいえ、まだまだ副業を禁止している会社が多いのも事実です。

しかし、給料が低いのに副業も禁止!!これは少し横暴な気もしますよね…

これからの時代、介護職などの収入の低いとされる職種は特に積極的に副業を行っても良いのではないでしょうか?

そこで介護職でもできる副業ってどんなものがあるのか?メリットとデメリットも合わせて調べてみました。

(介護×医療のストロークでは、実際にそのお仕事についている現場の職員や業界経験のある方に、記事を書いてもらっています。)

※最新の介護と看護の求人はこちらから


簡単お仕事探し「マカセル」の詳細はこちら


副業の定番!?在宅ワークをしてみる

在宅ワーク

副業で比較的簡単に始められるのは、在宅ワークではないでしょうか。

パソコンやスマホでも簡単にできるため、主婦などにも人気の働き方となっています。

中でも利用者が多いのは、クラウドソーシングやSOHOです。

実は私も実際、クラウドワークスという、クラウドソーシングサービスを使って在宅ワークをしています。笑

在宅ワークの仕事内容は様々で、記事を書くライターやデータ入力・ネットショップの管理など多岐に渡ります。

経験を問わないお仕事も多いため、介護職でも手軽に始められますよ。

<メリット>

・自分のペースで仕事ができる

受注のペースや納期などは、臨機応変に対応してくれるクライアントも多いです。

忙しい時は、少なめ。時間のある時は、多めと仕事量の調整もしやすいです。

・時間に縛られない

勤務時間に縛りがないため、自由に時間を使うことができます。

24時間、好きなタイミングで仕事をすることが可能です。

<デメリット>

・仕事が安定していない

月に〇万円以上稼ぎたい!と思っていても、毎月同じ量の仕事を受注できる保証はありません。

ほとんどの仕事は歩合制のため、安定したお給料は見込めない可能性もあります。

また報酬金額に惹かれて仕事を受けては見たけれど、以外に手間と時間がかかる…なんて仕事が多いのも事実です。

時給換算してみたら、数百円程度になってしまう仕事もあるため、目先の報酬金額だけで仕事を選ぶのは避けましょう。

・誘惑が多い

自宅で仕事をすると誘惑がたくさんあり、私もいつもこの誘惑と戦っています。笑

時間が自由なため、後でやればいいか。と言う後回し。

ちょっと、テレビを見よう。

お菓子を食べよう。

なんなら、昼寝しちゃおう!!なんて、誘惑満載です…

強い意思を持たなければ、それなりの収入には繋がらないと思います。

意外な才能を発揮できる!?別業種の仕事を掛け持つ

ピッキング

せっかく副業するのなら、少し介護の仕事から離れたい…と思った方は、別業種の単発バイトはいかがでしょうか?

最短1日からOK、履歴書不要!と言う、休日を活用するにはもってこいの求人も多く見かけます。

仕事内容は、

・シール貼り

・商品の梱包

・ピッキング などの単純な軽作業が多く、仕事の選択肢も多いです。

<メリット>

・気分転換になる

介護職から離れ、全く別の仕事をすることで気分転換にもなると思います。

普段、人間関係に悩まされている人は工場などで黙々と作業するのもお勧めです。

・土日などの休日を活用できる

デイサービスなどは、毎週同じ曜日が休みになるなど都合もつきやすいと思います。

不規則勤務であっても、勤務表が1ヶ月分出る職場であれば、予定も調整しやすくなります。

<デメリット>

・慣れるまでが大変

介護とは違う業界で働くには、その仕事をまた1から覚えなくてはなりません。

仕事に慣れるまでは、覚えたりやることが多くなり、逆に負担になってしまう可能性もあります。

・都合良く勤務に入れるとは限らない

単発1日からOKと言う求人は増えてきていますが、毎回本業の休日に合わせて勤務に入れる保証はありません。

そのため、月によっては仕事量に差が出てしまう可能性もあります。

副業もやっぱり介護職!施設のスポット勤務に入ってみる

介護の仕事

副業もやっぱり慣れている介護の仕事が良い!!と思う方もいらっしゃると思います。

介護職は人手不足のため、スポット勤務の求人も意外と多く見かけます。

スポット勤務の求人は、時給が高めに設定されているものも多く、限られた時間で稼ぐのにぴったりです。

<メリット>

・夜勤なら一晩でも稼げる

介護職の夜勤は、一晩で1万円近く稼げる求人も多く見かけます。中には、一晩で2万円近い求人もあります。

夜勤1回でこれだけ稼げたら、収入面で大きなプラスになること間違いなしです。

・自分の経験や知識を活かせる

同じ畑で働くため、今までの介護技術や経験をそのまま活かして応用することができます。

全く違う業種の副業をするよりは、スムーズに取り組めると思います。

<デメリット>

・体力的にきつい

ただでさえ体力的にきつい介護職ですので、本業が休みの日も介護をするとなると体が休まらなくなってしまう可能性もあります。

・地域によって求人に差がある

都会では、単発の介護職の求人も多いですが、地域によっては求人がほとんどない場合もあります。

そのため、働きたい時に求人がなくて働けないなんてことも出てきてしまいます。

シフトの自由度も地域さが大きいようです。

簡単お仕事探し「マカセル」の詳細はこちら


副業をする上で気をつけたいこと

気をつけたいこと

3つの副業をご紹介しましたが、副業をやる上で気を付けておきたいこともまとめてみました。

1:本業に支障がないように!!

副業が理由で、本業に支障が出てるのはもってのほかです。

休日などで副業するのは良いですが、休息やリフレッシュもお忘れなく!

2:確定申告を忘れずに!

本業での給与所得以外に20万円以上の所得がある場合は、確定申告が必要になります。

所得とは、収入から必要経費を差し引いた金額のことを指します。

1ヶ月に換算すると16,666円のため、意外とすぐに20万以上稼げてしまうこともありますので注意が必要です。

3:勤務先に副業の了承を得ておく

こっそりと副業をしても確定申告で住民税がUPすると、勤務先に副収入があることがバレてしまいます。

後から副業がばれてトラブルになるよりは、事前に了承を得ておいたほうが無難だと思います。

自分の働き方は自分で決めよう!

これからの時代は、自分の働き方は自分できちんとプランを立てて決めていくことが可能です。

本業一筋!も素敵ですが、逆に1つの仕事にこだわらなくてもよい時代になってきています。

副業に興味があるけれど、一歩が踏み出せない…

そんな時は、ジョブパワーズを活用してみてはいかがでしょうか?

ジョブパワーズではLINEのお友達登録をするだけで、エージェントがあなたにぴったりの求人をさがしてくれちゃう無料の新サービスができました!

面倒な登録なしでLINEのやりとりでスポット勤務の副業も探せるようになったので、無理なく働ける副業を相談してみてください♪

この記事を書いたのは:翔ママ

※【関連記事】

介護職は転職で年収を上げる?実際に転職してみた結果を発表します

看護師は副業・ダブルワークしやすい?メリットと仕事の探し方を紹介

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)