看護師のお給料ってどれくらい?地域別・年齢別・学歴別の年収も公開

  • LINEで送る

女性でも高収入が見込める仕事として名高いのが「看護師」という仕事です。

夜勤がある、残業が多い、命に関わる仕事で責任があるというイメージがある一方で、人との関わりの中でやりがいを見出せる仕事としても人気があります。

看護師の働く場所、働き方は、実にさまざまなものがあります。

地域、雇用形態、診療科によっても、給与に違いがあります。

こちらの記事では、そんな看護師の働く場所や雇用先別の給与の違いについてまとめました。

(介護×医療のストロークでは、実際にそのお仕事についている現場の職員や業界経験のある方に、記事を書いてもらっています。)

※最新の介護と看護の求人はこちらから

簡単お仕事探し「マカセル」の詳細はこちら

あなたにぴったり合う求人を専門スタッフが探します!

看護師の給与の相場は?

相場は?

看護師の平均月収は約30万円前後

看護師の平均月収は約30万前後となっています。

年収にすると、ボーナスや各種手当を含んで平均450万円程度。

同世代の労働者と比較すると多い傾向にあります。

しかし、この金額は一般的な場合です。

病院が国立・公立か、個人病院か、夜勤があるかなどによりかなり異なるのが現状です。

仕事内容が給与と見合っていない?

看護師の給与だけ見ると、一般的な労働者と比べて高くなっています。

しかし、仕事内容と給与が見合っていない部分もあります。

看護師の仕事できついことといえば、夜勤があること。

そして、人の命を預かる仕事ゆえに精神的・身体的な負担が大きいことがあげられます。

寝たきりの患者さんのお世話や、緊急時の対応など、自分の計画通りに仕事が進まないことも少なくありません。

仕事内容や量が給与に反映されていないという声も多く耳にします。

全国の地域別の月額給与・年収

地域別の給料

日本全国の平均給与ランキング

給与の高い都道府県

 TOP5  都道府県 月収(年収)
1位 東京 374,400円

(546.23万)

 

2位 山梨 359,500円

(516.81万)

3位 奈良 350,700円

(509.87万)

4位 千葉 351,900円

(497.2万)

5位 神奈川 335,300円

(496.59万)

給料の低い都道府県(年収別)

 ワースト5  都道府県 月収(年収)
1位 鹿児島 285,000円

(405.92万)

2位 宮崎 279,700円

(411.64万)

3位 佐賀 286,200円

(4172.8万)

4位 大分 295,500円

(427.68万)

5位 愛媛 293,500円

(428.42万)

厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」からのデータを元に作成

給与の高い都道府県は東京都。

トップ5に関東が3件ランクインしています。

家賃も物価も高い関東では、大規模な大学病院や私立病院が多く、給料が高いのは納得の理由です。

一方、給料の低いのは九州が中心。

1番給与の高い東京都と低い鹿児島を比較すると、月額10万円近く差があります。

地方は大学病院などもある一方で小さな病院の割合も高く、都心部ほど給与が高くありません。

地方では働き手がいないと叫ばれている現実がありますが、ここまで給与に違いがあると

若手が都会に出てしまうという状況も納得せざるを得ないかもしれません。

地域別の金額

地域別の月額給与・年収

 都道府県 月額(年収)
北海道 318,700円

(4,624,200円)

東北 316,750円

(4,598,916円)

関東 342,242円

(4,943,857円)

北陸 312,600円

(4,595,975円)

中部 337,500円

(4,876,733円)

東海 332,600円

(4,888,100円)

関西 338,342円

(4,881,157円)

四国 319,200円

(4,666,825円)

中国 319,360円

(4,710,620円)

九州 293,450円

(4,280,300円)

厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」からのデータを元に作成

給与が1番高いのは関東地方。

物価が高い地域であり、納得のいく結果です。

その他高いのは、東海、関東、中部地方となっています。

都道府県別のデータでも述べたように、都心であれば人口が多く大規模な病院もたくさんあり、高額の看護師の給与も見込めると考えられます。

一方で給与が少ないのが、九州や東北などの地域。

人口が少なく高齢化が進んでいる地方では、なかなか給料が上がらないのが現状です。

物価が安く暮らしやすい土地ではありますが、見た目上ここまで給与に違いがあると都心に出たくなる気持ちもわからなくもありません。

年齢別での月額給与・年収

年齢別

年齢別の賃金額(非管理職の場合)

 年齢 月額
20~24歳 204,146円
25~29歳 221,209円
30~34歳 237,139円
35~39歳 260,465円
40~44歳 280,007円
45~49歳 291,894円
50~54歳 296,358円

2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査 日本看護協会より

2013年の大学卒業新卒看護師の初任給は204,683円。

それとほとんど変わらない額が20〜24歳の平均となっています。

給与は徐々に上がり、50代になると30万近くになります。

こちらの表は非管理職のみで比べているため、

20代と50代の給与差は10万円程度。

管理職などの役職手当がつく場合は、さらに収入増も見込めます。

病院別での月額給与・年収

病院別の給料

病院別の平均給与ランキング

 病院規模  年収
国立病院 950万円程度
公立病院 850万円程度
大学病院 750〜850万円程度
民間の総合病院 650〜700万円程度

給与が高いのは、国からの予算が多く分配されそうなイメージのある国立病院。

ついで公立病院、大学病院、民間の総合病院と続きます。

国立病院と民間の総合病院では年間250〜300万もの給料の差が出るというデータがあります。

個人病院のデータは記載がありませんが、民間の総合病院よりは安いことが予測されるため、

国立病院と個人病院を比較するとかなりの給与の差がある可能性があります。

ここまで差があれば、国立病院に就職したい人が多いのもうなづけます。

国立病院は入社が難しいと言われていますが、

無事に就職できれば安定した給与につながりそうだといえるでしょう。

診療科別での月額給与・年収

診療科目別

診療科別の平均給与ランキング

(クリニックの場合)

 科目 月給
内科 15~28万円
心療内科 17~24万円
外科 20〜26万円
緩和ケア 20〜25万円
産婦人科 25~40万円
小児科 25~33万円
泌尿器科 20~30万円
放射線科 20〜25万円
眼科 20~25万円
耳鼻科 18~28万円
皮膚科 28~25万円
美容外科 25〜40万円

給与が高いのは美容外科、そして産婦人科です。

美容外科の給与が高額である理由は、

自由診療となっており健康保険適応でない高額な手術なども扱っているからと言われています。

夜勤もないため、看護師の働く分野としては人気のある科の1つです。

一方、給与が少なめなのは、耳鼻科、心療内科など。

内科は病院の規模も治療の範囲も病院により様々ということもあり、給与にもばらつきがあるようです。

雇用形態別での月額給与・年収

雇用形態別

雇用形態別の平均給与の比較

 勤務体系 時給
常勤 2,340円
非常勤(都心) 2,300〜3,000円
非常勤(地方) 1,200〜1,700円

※看護師の時給は、各種手当や残業手当込みの給与を元に計算しています。

※非常勤の給与は時給換算であることが多いため、時給で統一しています。

参考:平成23年賃金構造基本統計調査

常勤と非常勤の給与の差は、都心部はあまりなさそうに見えますが、地方であると時給500円くらい差があります。

常勤であることでのメリットは、社会保険などが保証されること。

非常勤でも配偶者の扶養に入れる場合は問題ありませんが、自分1人の場合保険料の支払いをしなければならず、負担が大きくなると言えます。

とはいえ、非常勤のメリットは自分の生活スタイルに合わせた勤務が組めること。

子育て中の方やブランクからいきなり常勤に復帰するのが不安という方には役立つ働き方となっています。

常勤スタッフであればほぼ必須である、病棟会や委員会の参加が必要でない場合も多く、業務に集中することができます。

常勤、非常勤それぞれにメリット、デメリットがあります。

ご自身の生活スタイルに合わせた勤務を強くオススメします。

大学・専門卒での平均給与・年収

学歴別

大学・専門卒の平均給与の比較

学歴別 初任給
大学卒 204,683円
3年課程卒 197,689円

2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査 日本看護協会より

表を見てわかるように、大学卒と3年課程卒では給与に若干の差があります。

「2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査 日本看護協会」によると、大学卒と3年課程卒で給与の差をつけている病院は84.0%で、

給与差額の平均は7,792円となっているそうです。

大学卒であれば3年課程の学校に比べて1年多く履修したということが加味された金額になっていると言えるでしょう。

この表だけをみれば、

「入社した時点で給料に差がある。同じ仕事をしているのに。」

という声も聞かれそうですが、決してそうではありません。

転職の際には、どの学校を卒業したか以上にこれまでの経験が重視されます。

したがって、この給料差が一生続くとは限りません。

3年課程卒でも勤務先によっては挽回できる可能性があります。

男女で給与の差はある?

男女別

男女別の平均給与の比較

性別 月額給与 年収
男性 33.5万円 486.3万円
女性 32.9万円 478万円

男性と女性の給与の差は、月収で1万円未満、年収だと10万円未満です。

サラリーマンなど他の仕事であれば男女差が大きいですが、

それと比較するとさほど多くありません。

90%以上を女性が占める看護の職場では、男女で待遇が違うということはほとんどありません。

産休や育児休暇などの女性特有の例外を除き、夜勤の回数や勤務病棟の配置など、男女平等に設定されていることが多いです。

そのため、男女の給与差がほとんどないという結果になっていると思われます。

正看護師以外の職種の給与額は?

正看護師以外

職種別の平均給与の比較

資格別 年収
看護師 約430万円
助産師 約483万円
保健師 約330万円

看護師、助産師、保健師の3つの医療職で給与を比較すると、

資格取得が1番大変である助産師の給料が高くなっています。

その差は約50万。

助産師は看護師以上に学ぶ内容も、できる仕事の幅も広い仕事であるため、この給与差は納得の結果です。

一方で給料が少なく見えるのが保健師。

この給与の差は、夜勤がないことからきていると思われます。

月4〜8回の夜勤がある常勤の看護師の場合、給与の大きなウエイトを占めるのが夜勤手当です。

保健師の職場は保健所や企業など日勤ばかりであることがほとんどであるため看護師のように夜勤手当てがなく、このような給与差が生じています。

看護師の給与明細を徹底解剖!

通勤手当

通勤に対して支払われます。

1ヶ月10万円までの手当は非課税となり所得税や住民税がかかりません。

ただし、マイカー通勤の場合は、非課税限度額が定められています。

資格手当

看護師という資格に対し支払われる手当のことです。

しかし、看護師・准看護師の資格手当は基本給に含まれることが多いので、実際に資格手当として支払われるところは多くはないようです。

職種(資格)によっても、金額についても病院によって違いがあります。

住宅手当

住んでいる住宅に対する補助です。

賃貸や借家の家賃の一部を補助してもらえます。

支給額の相場は15000円〜20000円程度です。

病院によって、一律支給か、借り上げ住宅か、病院からの距離はどれくらいかなど、支給条件が異なります。

残業手当・休日手当

残業や休日出勤をした際に支払われる手当です。

代休を取る場合は支給されません。

職責手当

管理者や役付者に支払われるもので、役職手当、管理職手当ともいいます。

役職がついたとき、上がったときの手当です。

他の職員よりも、職務上の責任や役割が重いことに対して支払われます。

病院によって、その差は異なります。

夜勤手当

夜勤では、日勤にはない夜勤手当が支払わられます。

22時〜5時までの勤務は、給料が通常の25%割り増しで支払われると労働基準法で定められています。

年収アップをするためのポイントは?

年収をアップさせるには

看護師としてスキルアップを図る

年収アップするための手段の1つとしては、看護師としてのスキルアップをはかることが挙げられます。

*上の役職を目指す

同じ病院にいても、上の役職を目指すことで年収アップが期待できます。

看護部長、看護師長、服看護師長、主任など、各役職に手当がつくことになっています。

金額は病院によって異なりますが、だいたい5.000〜2万円となっています。

*資格取得を目指す

スキルアップとして、認定看護師や専門看護師などの資格取得を目指すのもよい方法です。

認定看護師は、救急看護や皮膚・排泄ケアなど、特定の分野に長けたスタッフのことです。

一定期間学校に行き資格取得のために勉強する必要がありますが、

患者さんのお世話やサポート、他の看護師への指導など、認定看護師だからこそできる病院の改革に携われるのが魅力の1つです。

専門看護師は、認定看護師よりさらにレベルの高い、大学院で勉強し資格審査を通過したスタッフです。

がんや終末医療、重症患者医療など13分野の領域で活躍することができます。

患者さんやその家族をサポートしたり、専門的知識を活かしながら精神的なケアを提供したりと、活躍の場は多岐にわたっています。

これらの資格を持っている看護師に対し、資格手当を支給する病院も存在します。

また、昇進に有利となる場合もあります。

どちらの資格も5年ごとに更新が必要で、常に最新の知識を持って活躍することが求められます。

他の病院へ転職する

転職をする

働くために大切なのは、年収だけではありません。

待遇(諸手当が付いているか)、残業時間の量、仕事内容など、転職のために必要な条件はさまざまなものがあります。

重要なのは、自分が仕事をする上で何を1番大切にしているかということです。

今の職場で不安に思っていることや今後の自分のキャリアなど、仕事でどのように自己実現を果たしたいか考え、年収以外の部分も考慮して慎重に探すことが大切であるといえるでしょう。

場所や働き方によってかなり給与に差が出る看護師

 

この記事では看護師の給料についてさまざまな観点から比較してきました。

看護師の給与の差は、地域や病院の規模、診療科、雇用形態によって生まれます。

しかし、職場というのはなにも給与だけで選ぶものではありません。

自分のやりたいことと病院の方針が一致しているか、

職場の人間関係、

家庭やプライベートとの両立ができるかなど、

職場選びで何を重視するかは人それぞれです。

しかし、仕事に励む上で給与が1つのモチベーションとなるのは間違いないでしょう。

ぜひ、自分の理想の看護師像を探しながら

給与の面も含めて理想の転職先を探してみてください。

この記事を書いたライター

PN:「南国住みの白衣の天使」

https://hanaeblog.com/

※【関連記事】

転職にもおすすめ!デイサービス看護師の3つのメリット&デメリット

看護師になるには…大学と看護学校どちらに行けばいいのか?の答え

いまより良い条件の求人を探すのならコチラ!

LINEで気軽に転職相談!

LINEで転職活動!医療・介護のお仕事探しをプロに相談。求人検索、面接調整、給与交渉もお任せ。転職の役立つ情報・最新のオススメ求人も定期配信致します!

簡単お仕事探し「マカセル」の詳細はこちら

お祝い金をもらって賢く転職しよう

※ご利用は無料!会員登録で、あなたに合った職場からのスカウトメールが届きます!

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)