訪問歯科の利用対象は?治療はどこまで?訪問歯科で働くための資格について

  • LINEで送る

日本は長寿の国として有名ですが、健康に長生きするために欠かせないのがお口の健康です。

歯周病菌が心筋梗塞や脳梗塞・動脈硬化等を引き起こす要因になるという事は、広く知られるようになってきました。

口腔トラブルは誰にでもおきます。

虫歯や歯周病になってしまったり、入れ歯が合わない等で食事が摂れないと、健康維持に大きな支障も出てきてしまいます。

そのため、健康には口腔ケアは欠かせません。

でも、歯医者さんに通院するのが難しい…と言う方の強い味方!

「訪問歯科」についてまとめてみました。

(介護×医療のストロークでは、実際にそのお仕事についている現場の職員や業界経験のある方に、記事を書いてもらっています。)

※最新の介護と看護の求人はこちらから

[ad_kaigo]

あなたにぴったり合う求人を専門スタッフが探します!

訪問歯科ってなに?

訪問歯科について

訪問歯科とは、名前の通り歯医者さんが色々な所へ訪問して来てくれるサービスのことです。

自宅や施設等で療養しており、病気や怪我のため歯医者さんに通うことができない人が対象となります。

利用に際しての年齢制限はありません。

訪問先は自宅に限らず、必要に応じて入院中の病院や入所中の施設にも来てくれます。

利用対象は外出が難しい方だけ

時々、デイサービスにも訪問歯科は来てくれますか?と質問されることがあります。

訪問歯科はあくまで、「外出が難しい方を対象」としているため、外出先である通所系の施設には訪問歯科を呼ぶことはできません。

どんな治療をしてくれるの?

虫歯を削ることはもちろん、抜歯やレントゲン等、通院と同程度の治療が受けられます。

・入れ歯の作成や調整

・口の中のチェックやケア

・ブラッシング指導

これらも受けられ、治療だけでなくお口の健康管理を守るお手伝いもしてもらえます。

ブラッシング指導や口腔ケアのために、わざわざ訪問してもらうのも…と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、口腔内の健康は全身の健康維持に直結しています。

通院できないから…もう年だから…と諦める必要はないのです。

健康保険は使えるの?

訪問歯科健康保険

基本的には通院での受診と同じく、医療保険の適応になります。

医療保険適応の場合は、それぞれの年齢と所得により自己負担額が異なります。

通常のお医者さんを受診する際の自己負担と同じ割合になります。

要介護認定を受けており介護保険の「居宅療養管理指導」の対象となる方は、医療保険よりも介護保険が優先して適応されます。

要介護認定を受けていても、診療の内容や訪問先により介護保険適応か医療保険適応かが別れてきます。

居宅療養管理指導とは?

「居宅療養管理指導」は、介護保険上のサービスです。

居宅療養管理指導で訪問歯科を利用する場合は、いくつかの注意点があります。

訪問回数に上限があります

・歯科医 2回/月

・歯科衛生士4回/月 と訪問してもらえる回数が決められている。

サービス内容

あくまで「医師や歯科衛生士による指導やアドバイス」のみ。

利用回数の上限を超えたら

利用回数の上限を超えた場合や実際に治療を受ける際は、医療保険が適応される。

療養先による制限

療養先が特別養護老人ホームや介護老人保健施設等ですと居宅療養管理指導の対象外。

この仕組みは、少し複雑でわかりにくいですね…

要介護認定を受けていて訪問歯科を利用したい時は、担当のケアマネージャーさんにお願いしてみましょう。

訪問歯科の探し方

どの歯医者さんも訪問歯科を行っているわけではありません。

訪問できる範囲も、歯科医院から半径16キロ以内と制限が設けられています。

要介護認定を受けている方は、担当のケアマネージャーさんへ相談してみてみましょう。

そのほかの方は、インターネットで訪問歯科を探すか、役場等へ問い合わせてみると良いと思います。

訪問歯科の現状

歯医者さんの外来利用者を年齢別の見ると、75歳以降の人の割合は圧倒的に少ないそうです。

75歳以上の人って虫歯が少ないの?と言うわけではなく、通院が難しく歯の治療を後回しにしている人が多いのだとか。

訪問歯科の需要は年々高まっていますが、訪問先までの移動の時間の確保や機材を運ぶ手間等の問題があり、個人宅に訪問してくれる歯医者さんは不足しているそうです。

歯科衛生士や歯科助手の需要も高く、求人も多く見かけます。

興味があり仕事を探している方は、狙い目かもしれません。

無資格でも訪問歯科で働ける!?

訪問歯科の仕事

訪問歯科に興味はあるけれど資格がないから…と諦めている方も多いのではないでしょうか?

でも実際の求人を見てみると、無資格者OKと言う求人も多く見かけます。

歯の治療って医療行為なのに無資格OKなの!?と思いますよね?

歯医者さんの仕事をサポートする職種には、歯科衛生士と歯科助手があります。

歯科衛生士は国家資格ですが、歯科助手としてならば資格無しでも働くことができます。

業務内容も大きく異なり、歯科助手は歯石除去や歯・歯茎のチェックなど、実際に口腔内に触れる業務が可能です。

一方歯科助手は、口腔内に触れることは出来ず、医療行為が禁止されています。

その業務は、使用器具の準備や管理・事務作業・受付業務など多岐に渡ります。

歯科助手にも資格があるの?

歯科助手には特に資格が無くとも働くことが可能とお話しましたが、民間資格が設けられています。

通信教育等でも歯科助手の民間資格が取得できるため、持っていると仕事探しの際に強い味方になってくれそうです。

本気で歯科助手として働きたい人は、事前に勉強することでよりスムーズに業務がこなせるようになるのではないでしょうか。

以上のように利用する側も働く側も、今後ますます注目が集まりそうな訪問歯科業界。

更に普及し、長寿国の強い味方となってくれることを願います。

※【関連記事】

歯科衛生士は国家資格!仕事内容と取得方法と歯科助手との違いを解説!

歯科衛生士の平均給与・年収は?地域・規模・年齢別の年収比較

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)